お子さんの成長に応じた歯科治療

小児歯科

子ども頃からの歯科治療は非常に大切です。歯科医院に通う習慣が身についている欧米では、子供の頃から虫歯予防に対するケアがしっかりとなされ、それは大人になってからも続きます。

永久歯が正しく生えてくるよう、また生涯に渡って続けられる正しいブラッシング習慣が身に付くよう、子どもの時期にきちんとした予防・指導が必要です。

1~2才のお子さん

治療が困難なこの時期は予防が中心です。フッ素塗布やシーラントなどの虫歯進行抑制薬の処置を行います。

3~4才のお子さん

子ども歯科

お子さんの協力度や保護者の方のご希望により治療法が変わります。子どもの協力度が低くても、回数をかけてトレーニングしていけば出来るようになることもあります。

まずはお家の方が歯医者さんを子どもの前で怖がらないようにすること(見せないこと)。そしてできるようになったら褒めてあげることです。

どうしても治療できないお子様には応急処置+予防処置をご提案します。この頃の1~2年で子どもはとても成長しますので慌てずに応急処置でつなぐのも治療の1つと考えております。

5才のお子さん

お話をして安心して治療ができる雰囲気を作れば多くのお子さんは上手に治療を受けることができます。虫歯とともに気になるのが歯並びです。歯列や咬み合わせもチェックしていきます。

子どものプロフェッショナルケア

お子さんの歯を虫歯にさせないためには、毎日の歯磨きと同時に、クリニックでの予防処置も欠かせません。

シーラント

お子さまの虫歯予防に有効な方法です。虫歯になりやすい6歳臼歯・乳歯の溝に樹脂を詰め、食べかすが詰まるのを防いで虫歯を予防します。

生えかわったばかりの永久歯は、歯の溝が深く、汚れが落とし切れずに虫歯になりやすい状態です。シーラントとは、歯の溝を樹脂で埋めて虫歯予防をする方法です。永久歯に生え変わりはじめた
幼稚園年長さん~小学校低学年のお子さんは、ぜひご相談ください。

シーラント

シーラントをした後は定期検診が大切です
歯を削らず奥歯の溝に詰めるので時間が経過すると一部が欠けたり取れたりしてきます(予防率が下がります)

フッ素塗布

子どものフッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布することで、かなりの歯質強化が見込めます。フッ素には歯を強くする効果があります。お子さんの毎日のホームケアでもフッ素入りの歯磨き粉やフッ素ジェルをおススメしております。またクリニックでも虫歯予防のため、クリーニングと併用してフッ素塗布を行っております。

しかし絶対に虫歯にならないというものではありませんので、日頃のクリーニングも大切です。

ご予約・お問い合わせ

04-2992-41809:00~13:00 / 14:00~18:00 休診:木・日・祝

西武新宿線「新所沢」駅東口より徒歩3分
関越自動車道「所沢インター」より車15分
*駐車場15台完備

〒359-0044 埼玉県所沢市松葉町 23−19

診療時間
QRコード